fc2ブログ

Welcome to my blog

土地の固定資産税の計算法

不動産コンサルティングマスター 金澤修一

不動産コンサルティングマスター 金澤修一

-
土地にかかる固定資産税は、課税標準額×1.4%で計算することができます。


















課税標準額は地目(宅地・田・畑など)によって計算方法が異なります。


















宅地の場合、公示価格の約70%が固定資産税評価額(課税標準額)となります。
では、この課税標準額を下げて、いかにして固定資産税を少なく済ませるかが焦点です。

例えば、住宅解体後、駐車場にしておけば、上モノがあるため、住宅用地の特例が適用されるというのは、
答えは「ノー」です。

住宅として「居住」している場合に限り、特例が適用されます。
つまり、駐車場化は、更地扱いとなり、固定資産税をより多く支払っている可能性があります。


















更地として置くか、空き家の利活用などを行うか、固定資産税の増減がどうなるか、
ご心配の方は、当ブライトサクセスにご相談ください。




































実際に固定資産税の計算シュミレーションを行います。


















遠隔地にお住まいで、長岡市/新潟市中央区・西区に住宅地の所有の方は、
ZOOMでのご相談も受け付けております。
Instagramでも様々なテーマを取り上げています。
まずは、ホームページや、
Instagramからご覧ください。
お待ちしております。