FC2ブログ

Welcome to my blog

次世代住宅ポイント制度の概要 住宅の新築(貸家を除く) 住宅のリフォーム(貸家を含む)

不動産コンサルティングマスター 金澤修一

不動産コンサルティングマスター 金澤修一

-

1. 制度の目的

概要 2019年10月の消費税率引上げに備え、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、税率引上げ前後の需要変動の平準 化を図るため、税率10%で一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する。


2 ポイントの発行 発行ポイント数 : 1戸あたり上限35万ポイント


以下の①~④いずれかに適合する場合、1戸あたり30万ポイント

次世代住宅ポイント制度の概要 住宅の新築(貸家を除く) 住宅のリフォーム(貸家を含む)

「環境」、
「安全・安心」、
「健康長寿・高齢者対応」、
「子育て支援、働き方改革」

に資する住宅の新築・リフォームが対象。 発行ポイント数 : 1戸あたり上限30万ポイント

3 ポイントの交換対象商品等


発行ポイント数 : 1戸あたり上限30万ポイント
【上限特例①】 若者・子育て世帯がリフォームを行う場合、上限を45万ポイントに引上げ(既存住宅の購入を伴う場合は、上限60万ポイントに引上げ)
【上限特例②】 若者・子育て世帯以外の世帯で、安心R住宅を購入しリフォームを行う場合、
上限を45万ポイントに引上げ
Ⓐ 標準ポイント
①エコ住宅 (断熱等級4又は一次エネ等級4を満たす住宅)
②長持ち住宅 (劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)
③耐震住宅 (耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)
④バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)
① ~④いずれかに適合する場合、1戸あたり30万ポイント

Ⓑ 優良ポイント

①認定長期優良住宅
②低炭素認定住宅
③性能向上計画認定住宅
④ZEH
① ~④いずれかに適合する場合、1戸あたり5万ポイント加算


profile_b86df0a4d362ad986d4c0c3a65b5c8fd.jpg


リフォーム

【算定特例】 既存住宅を購入しリフォームを行う場合、各リフォームのポイントを2倍カウント (若者・子育て世帯による既存住宅の購入を伴う100万円以上のリフォームを除く)


発行ポイント数 : 1戸あたり上限30万ポイント

【上限特例①】 若者・子育て世帯がリフォームを行う場合、上限を45万ポイントに引上げ(既存住宅の購入を伴う場合は、上限60万ポイントに引上げ)

【上限特例②】 若者・子育て世帯以外の世帯で、安心R住宅を購入しリフォームを行う場合、上限を45万ポイントに引上げ

断熱改修(内外窓、ガラス) 0.2~2万ポイント×箇所数

断熱改修(ドア) 2.4, 2.8万ポイント×箇所数 断熱改修(外壁) 5, 10万ポイント

断熱改修(屋根・天井) 1.6, 3.2万ポイント

断熱改修(床) 3, 6万ポイント

エコ住宅設備(太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効 率給湯器) 2.4万ポイント

エコ住宅設備(節水型トイレ) 1.6万ポイント

エコ住宅設備(節湯水栓) 0.4万ポイント

耐震改修 15万ポイント バリアフリー改修(手すり) 0.5万ポイント

家事負担軽減設備(ビルトイン食器洗機、掃除しやす いトイレ、浴室乾燥機) 1.8万ポイント

家事負担軽減設備(掃除しやすいレンジフード) 0.9万ポイント

家事負担軽減設備(ビルトイン自動調理対応コンロ) 1.2万ポイント

家事負担軽減設備(宅配ボックス) 1万ポイント

リフォーム瑕疵保険の加入、インスペクションの実施 0.7万ポイント

若者・子育て世帯による既存住宅の購入を伴う100万円 以上のリフォーム 10万ポイント