ウッドデッキ塗装し直す

屋外木部を塗装する前に
塗装というと、すぐにハケで塗っている姿を思い浮かべますが、ただ塗料を塗ればよいわけではありません。塗料を塗る前に下地をきらんとするのが人切なポイント。仕上がりの良し悪しは下地の調整で決まります。

1よく洗う
屋外に置かれているものは泥などで汚れているので、プラシやタワンなどを使って、水洗いします。細かな部分にこびりついたり、すき間に人り込んだ記などもかき出しましよう。その後、よく乾爆させます。

2表面をサンディングする
木材表面が雨風で少しすっ劣化してきます。240番くらいのサンドベーパーで全体をこすり、ケバ立ちゃ凹凸を取ります。広い面はサンドぺーパーを木片などに巻いてこすると作業が楽です。
3ネジを増し締めする
木材の劣化とともに、板を固定しているネジ周辺の木材がやせてきて、ネジ頭が浮いた状態になることがあります。この場合は電動ドライバードリルを使って木材にネジが密着するまで増し締めしてください。

4割れやひびに充てん剤をつめる
割れやひびがあるときはその部分を変成シリコン系、またはポリウレタン系充てん剤などで埋めておきます。なお塗装は、変成シリコン系の場合は1日たってから1週間以内に、ポリウレタン系の場合は3日以内に塗装を行ってください。

デッキ材の部分的な交換方法
大きな割れやひびがあるときは、部分的にオ材の交換をおすすめします。一般的にデッキ材はその下にある根太で固定されています。根太と根太の間をカットして新しい木材に交換することができます。

1根太のきわでカットする
 根太の位置に木材を固定するネジが打たれています。デッキ材の隙間を上から見て根太のきわをのこぎりでカットしてください。のこぎりは先が細くなっている自在のこが便利です。

2根太に補強の木材を止める
 補強の木材はウッドデッキと同じ木材がよいのですが、わからない場合は、ウッドデッキで一般的によく使われているツーバイ材を使います。補強の木材はデッキ材の幅より広くなるように根太の横にネジで固定します。このとき、根太の上に高さを揃えるようにしてください。

3新しいデッキに交換する
 デッキ材の横の隙間を合わせるようにネジで固定してください。また、デッキ材の合わせ面にも5mm程度の隙間を開けてください。隙間を開けずに密着させると雨などで水分を含んだ木材の乾燥が悪くなり腐る原因にもなります。

ウッドデッキの塗り替え
一般的にウッドデッキは防虫防腐効果のある外部ステインで塗られています。この場合は同じようなステインで塗り替えができます。現状よりも少し濃い目のステインを選んでください。しかし、塗膜のある塗料が塗られている場合はすべての塗膜を剥がしてから塗装となります。

1塗料がついて困るところは養生する
 出入口の冊子や雨どいなどウッドデッキに接している部分はすべて養生しておきましょう。部分的な養生はマスキングテープを貼ってください。広い面の養生にはマスカーが便利です。

2デッキ材の隙間から塗り始める
 隙間用ハケを使ってデッキ材の隙間を塗って下さい。ポンジ製のハケ部分を上下左右に動かして隙間を塗ります。

3柱やコーナー部分はスジカイバケで塗る
 柱や手すり、デッキ材の小口や養生した周囲などはスジカイバケで塗って下さい。木材の小口は塗料が吸い込みやすくなっているので、軽くたたくようにして塗ると均一に塗ることができます。

4広い面はローラーバケで塗る
 デッキ材の縦方向に沿ってローラーバケを動かしながら塗って下さい。ローラーバケットを使ってローラーバケに適量の塗料をつけながら塗るとよいでしょう。コテバケもローラーバケ同様に広い面を塗るのに適しています。