賃貸 VS 購入




【広さがポイント】
 

一般的な賃貸物件にはワンルームや2DKなどの単身者・少人数向けの物件が多く、逆にファミリー向け物件や一戸建てはあまり見られません。
 これに対して、購入では3LDK~4LDKなどファミリー向けの広い物件が主流です。ただし、地域によっては、シングルやディンクス向けの物件が豊富な場合もあります。




【設備がポイント】
 

一部のハイグレード物件を除いた賃貸では、共用施設の充実しているケースというのはあまり見られません。
 それに比べて、購入の場合は、規模の大きな物件になるほど共用施設が充実する傾向にあります。敷地内公園やキッズルームなど子育てに便利な施設のほか、スポーツジムやプールなどが完備されている物件もあるくらいです。こうした共用施設は、管理費という形で居住者それぞれが負担し、運営されることになります。

 最近では、賃貸の中でも設備のグレードが高い新築物件も増えてきています。といっても、標準的な設備・仕様が整っているという点で見れば、やはり購入物件のほうが充実していると言えるでしょう。
 例えば、簡単に生ゴミを処理できるディスポーザーやIHクッキングヒーター(オール電化)、床暖房などが挙げられます。これらは賃貸にはない、購入ならではの標準設備と言えます。
 ただし、年数の経った中古物件になると、賃貸・購入問わず設備には期待できません。

 また、購入物件では設備だけでなく、持続性と安全性を確保するための様々な工夫がなされています。建物を支える基礎杭の本数や深さ、コンクリートの厚さから耐震性能まで、より頑丈な構造にこだわっています。何故なら、購入物件とは、長く住み続けられることを前提につくられているからです。
 賃貸物件の場合でも同様の構造でつくられている物件もありますが、購入物件に比べると数が少ないです。理由としては、一般的な賃貸には利回りを優先した物件が多いため、できるだけコストを抑えようとする構造になりがちだからです。賃貸物件を選ぶ際は、このことを念頭に置いて考えるとよいでしょう。