賃貸 VS 購入 - 2016.04.19 Tue




【広さがポイント】
 

一般的な賃貸物件にはワンルームや2DKなどの単身者・少人数向けの物件が多く、逆にファミリー向け物件や一戸建てはあまり見られません。
 これに対して、購入では3LDK~4LDKなどファミリー向けの広い物件が主流です。ただし、地域によっては、シングルやディンクス向けの物件が豊富な場合もあります。




【設備がポイント】
 

一部のハイグレード物件を除いた賃貸では、共用施設の充実しているケースというのはあまり見られません。
 それに比べて、購入の場合は、規模の大きな物件になるほど共用施設が充実する傾向にあります。敷地内公園やキッズルームなど子育てに便利な施設のほか、スポーツジムやプールなどが完備されている物件もあるくらいです。こうした共用施設は、管理費という形で居住者それぞれが負担し、運営されることになります。

 最近では、賃貸の中でも設備のグレードが高い新築物件も増えてきています。といっても、標準的な設備・仕様が整っているという点で見れば、やはり購入物件のほうが充実していると言えるでしょう。
 例えば、簡単に生ゴミを処理できるディスポーザーやIHクッキングヒーター(オール電化)、床暖房などが挙げられます。これらは賃貸にはない、購入ならではの標準設備と言えます。
 ただし、年数の経った中古物件になると、賃貸・購入問わず設備には期待できません。

 また、購入物件では設備だけでなく、持続性と安全性を確保するための様々な工夫がなされています。建物を支える基礎杭の本数や深さ、コンクリートの厚さから耐震性能まで、より頑丈な構造にこだわっています。何故なら、購入物件とは、長く住み続けられることを前提につくられているからです。
 賃貸物件の場合でも同様の構造でつくられている物件もありますが、購入物件に比べると数が少ないです。理由としては、一般的な賃貸には利回りを優先した物件が多いため、できるだけコストを抑えようとする構造になりがちだからです。賃貸物件を選ぶ際は、このことを念頭に置いて考えるとよいでしょう。

賃貸 VS 購入 «  | BLOG TOP |  » 賃貸 VS 購入

今までの閲覧数

学区・リフォーム・税控除・助成金・税金 なんでも検索

カテゴリ

プロフィール

「住まいのワンストップサービス」 金澤修一

Author:「住まいのワンストップサービス」 金澤修一
ブログをご覧頂き誠に有難うございます。


長岡市生まれ、大学法学部法律学科卒業後、UR都市再生機構公団仲介 東日本住宅(株)入社、2007年7月 月間最優秀賞、課長就任。

2008年7月 地元の長岡市に戻り、実家の㈲ブライトサクセスにて建物解体業 営業経理兼作業員後、

2009年1月 ピタットハウス入社、中古マンション売買部署立ち上げ、新潟中央店店長、全国全店舗ピタットハウス社員中 2011年度 第2四半期 売買部門 銅賞

中古戸建仲介開始、買取リノベーション既存住宅かし保険付再販事業開始、不動産ネットオークション開始。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年9月 成約件数全国2位。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年度 第2四半期 東日本売買部門 銅賞。

2016年5月 ピタットハウス 不動産売買センター 始動。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2018年8月 ご成約件数全国3位

全国全店舗ピタットハウス社員中 2018年度 第2四半期 売買部門 銅賞

ピタットハウス新潟万代店 最優秀店舗賞受賞
新潟万代店 店長

2019年9月 不動産オークション事業開始
オークション auctioneer(オークショニア)就任。


★★資格★★

コンサル系資格=
 不動産コンサルティングマスター、宅建、ファイナンシャルプランナー、日商簿記、ビジネス法務実務検定、空き家相談士、古材鑑定士

工事系資格  =
 解体工事施工技士、石綿作業主任者、増改築相談員、2級建築施工管理技士、そして大型免許

 金澤 修一

☪ランキング上位

☪️

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
218位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
雑誌
10位
サブジャンルランキングを見る>>