リフォームしたのに、家が暑すぎる時

●『熱貫流率』って何のこと?

リフォームをしたのに家が暑すぎるのは、『熱貫流率』が高いせいかもしれません。
壁や窓などの各部位で、両側の気温が異なるときに、
暖かい側から冷たい側に向けて、
熱が壁や窓などを通過します。


温度差が1度あったときに、
1時間あたり、
ガラス1m2 を通過する熱量を

ワットで表したものが『熱貫流率(U値)』

数値が小さいほど断熱性に優れていることを表します。




 熱を通しやすいのは水です。

 そのことから、効率的な対策は吸水性の少ない建材を仕様にするか、両面の材料と内部の仕切りに空気層を設けることです。


 ただし、垂直空気層の厚さに熱貫流抵抗が比例するとは限りません。

 一番最適とされている空気層の厚さは、約3センチです。