新築 VS 中古

fc2_2013-05-23_18-01-47-079.jpg
20140319_084122.jpg


新築
【メリット】
・ 最新の住宅設備やセキュリティシステムなどを導入していることが多い
(マンション・一戸建て)
・ 中古住宅よりも税制面での優遇措置が幅広い
(マンション・一戸建て)
・ 分譲業者によるアフターサービスや保証が受けられる
(マンション・一戸建て)
・ 中古住宅よりも住宅ローンを借りやすいケースが多い
(マンション・一戸建て)
・ 同じ年代の世帯が集まりやすく、家族同士の付き合いがしやすいこともある
(マンション)
・ 隣地との敷地境界が明確になっているものが大半で、境界トラブルは起きにくい
(一戸建て)
・ 住宅寿命は以前よりもだいぶ長くなっている
(マンション・一戸建て)
・ 長期優良住宅は新築のみでの供給段階にある
(一戸建て)※マンションでの供給はまだほとんど進んでいない


【デメリット】
・ 建築途中での販売が多く、建物完成後のイメージがつかみづらい
(マンション)
・ 実際の眺望、日照、騒音、通風状態などがわかりづらい
(マンション)
・ 竣工までの期間が長めで、住宅ローン金利上昇のリスクが高い場合もある
(マンション)
・ 大きな開発分譲地などでは、全体工事完了後に交通などの周辺環境が変わることもある
(一戸建て)
・ 隣家をどんな人が買うのかで、住み心地が大きく変わることもある
(一戸建て)
・ 手抜き工事などがないか不安な場合もある
(マンション・一戸建て)


中古
【メリット】
・ 築年数以外の条件が同じなら、新築よりも価格が安い
(マンション・一戸建て)
・ リフォームにお金をかけて、自分の好みどおりの部屋にできることもある
(マンション・一戸建て)
・ 実際の眺望、日照、騒音、通風状態などをしっかりと確認できる
(マンション・一戸建て)
・ 実際の管理状態や共用施設の稼働状態を確認できる
(マンション)
・ 手抜き工事などがあれば、症状として現れているケースが多く発見しやすい
(マンション・一戸建て)
・ 立地面での選択肢が新築よりも多め
(マンション・一戸建て)
・ 実際に住んでいた人の感想が聞ける…周辺環境、生活の利便性など
(マンション・一戸建て)


【デメリット】

・ 他人が住んでいたということが気になる人には不向き
(マンション・一戸建て)
・ 個人が売主となるケースが大半で、いざというときの保証が十分でないこともある
(マンション・一戸建て)
・ 耐震性が十分でない物件もある(とくに昭和56年以前のもの)
(マンション・一戸建て)
・ 建物の設計図面や書類が揃っていない場合も多い
(一戸建て・古いマンション)
・ 契約トラブルなど、媒介業者の力量に左右される面も多い
(マンション・一戸建て)
・ 住んでいた人によって、同じ築年数でも建物の劣化の程度がさまざま
(一戸建て)
・ 残りの住宅寿命によって、短期間のうちに建て替えの必要に迫られることもある
(マンション・一戸建て)
・ 建物のデザインが古めかしいこともある
(マンション・一戸建て)
・ 仲介手数料が必要なぶん、購入諸費用は高めになりやすい
(マンション・一戸建て)