利回り計算

 不動産投資の指標である利回りには、大きくわけて2種類の利回りがあります。不動産価格に対する年間収入の割合を単純に示したものと、不動産購入時と不動産保有時におけるそれぞれの諸経費を勘案したものです。一般的には前者を「表面利回り」、後者を「実質利回り」=「純利回り」と呼びます。

ピタットハウス 顔イラスト (1)


表面利回り(%)= 年間収入÷不動産価格×100
実質利回り(%)=(年間収入-保有時の諸経費(※1))÷(不動産価格+購入時の諸経費(※2))×100

(※1)不動産保有時の諸経費。固定資産税、都市計画税など。
(※2)不動産購入時の諸経費。建物に対する消費税、不動産仲介手数料などなど。


例えば
年間家賃収入500万円
不動産価格10,000万円
購入時の諸経費500万円
不動産保有時諸経費年間100万円

の不動産に投資する場合、
表面的な利回りと実質の利回りとでは以下のような差が生じます。


表面利回り(%) 500万円÷10,000万円×100=5%
実質利回り(%) (500万円-100万円)÷(10,000万円+500万円)×100=3.8%



このように同一の不動産でも、表面的な利回りと実質の利回りとでは諸経費も勘案する分、実質の利回りの方が低くなります。
不動産に投資する場合、指標となる「利回り」が「表面利回り」なのか「実質利回り」なのか確認する必要があります。

上記の例では10,000万円と高額な物件事例ですが、新潟では都心部よりも利回りが良く。
都心部と比較して価格に対しての賃料が高い物件も多くございます。


1K 350万円のマンションで表面利回り16%。実質利回り9%という物件もございました。


サラリーマン・所得が少ないとお考えの方でも、不動産所得を得られる可能性が充分ございます。