固定資産税が急に高くなったんですけど・・・!?

・数年前に新築した住宅の固定資産税が急に高くなったのはどうして?

ピタットハウス 顔イラスト (1)

新築住宅に対しては、減額制度が設けられており、
一定の要件にあたるときは、新築後3年度分に限り固定資産税が2分の1に減額されます。
(3階建以上の中高層耐火住宅等(マンションなど)については、5年度分)


例えば、平成20年7月に木造2階建住宅を新築し、平成21年度からこの家屋の固定資産税を納めていて、平成24年度から急に高くなった場合は、平成21・22・23年度の3年度分の固定資産税額が2分の1に減額されていたわけです。
なお、固定資産税と一緒に納めていただく都市計画税には、このような減額制度はありません。




・古くなった住宅を壊して駐車場にしたら、土地の税額が急に高くなったのはどうして?

その土地は、平成23年度まで住宅用地として課税されていたためです。

住宅用地は住宅政策上の観点より、税負担を特に軽減する必要から、固定資産税の課税標準の特例措置を価格の3分の1(小規模住宅用地については6分の1)としています。この度家屋の滅失により、家屋の課税は消滅しましたが、土地についての税額が高くなったのは、この住宅用地の特例措置が外れたことによるものです。


一票を♪