一部屋からマンション投資 - 2016.04.19 Tue

あなたの一票が励みになります☆
応援お願い致します↓↓
      


しっかり将来を見据えこれからの生活を考えていく中で、マンション経営への関心が高まっています。


長期にわたり家賃収入を得ることができるマンション経営は、私的年金として活用することができます。
公的年金の不足分を補い、ゆとりある老後の実現に大きく貢献します。

不動産投資は初期費用を払った後は、月々の賃料でローンを返済しますので
賃料の方が高ければ毎月の実質的負担はなく、また賃料の方が安くても少ない負担でローンを返済します。
ローン終了後には優良な収益資産が自分のものになり、毎月の収益は自分の収入になります。

現役サラリーマンは給与が毎月出ますが、年金生活に入ると、給付は2ヶ月に一回、
2か月分となります。
実際に入金がない月があるということは、さみしいものです。
家賃収入があれば、毎月一定の収入が見込まれるので安心です。



ローン契約時に加入する団体信用生命保険で、万一の場合にはローンを完済。
ご家族がマンションを相続して所有することができ、安心して暮らすための保障として有効です。



少額投資で資産運用を始めることができ、インフレにも強いのが特徴。

【レバレッジ効果】
不動産投資というと、たくさんの資金が必要と思えるかもしれませんが
マンション経営は少ない資金ではじめることができます。
ローンの借り入れを使うことで、元手(自己資金)の数倍の投資をすることができます。
このように少ない資金で大きく投資をすることをレバレッジと言います。

特に低金利の現在は、ローンを使ってレバレッジをかけるのに適した状況といえます。




定年退職後も安定した収入を確保します。また、他の金融商品と比較しても高い利回りで安定感があります。


「ぜいたくをしなければ、年金だけで大丈夫」という方もいらっしゃるかと思いますが、
リタイヤをしても、多くの方は生活費を少なくすることは難しいようです。

年金財政が破綻していても、+アルファの収入があれば、将来の生活も安心なのではないでしょうか。


上記のようなメリットもありますが、投資ですのでデメリットもあります。

また投資物件を紹介する企業によっては、賃料設定を高く試算したり、
当初は販売会社提携の法人に高めの賃料で貸しているものの、

数年すると試算のような賃料回収が出来ない…。

そんな物件の建築・購入を勧める企業も残念ながら世の中にはいるようです…。

投資する際には、より良いサポーター・業者を見つけてから
不動産投資を行う事をオススメします。

【譲渡所得控除】 住宅を売った時、買った金額より高く売れた。でも、税金はかからない場合。 «  | BLOG TOP |  » 間取り設計 (サニタリー)

今までの閲覧数

学区・リフォーム・税控除・助成金・税金 なんでも検索

カテゴリ

プロフィール

「住まいのワンストップサービス」 金澤修一

Author:「住まいのワンストップサービス」 金澤修一
ブログをご覧頂き誠に有難うございます。


長岡市生まれ、大学法学部法律学科卒業後、UR都市再生機構公団仲介 東日本住宅(株)入社、2007年7月 月間最優秀賞、課長就任。

2008年7月 地元の長岡市に戻り、実家の㈲ブライトサクセスにて建物解体業 営業経理兼作業員後、

2009年1月 ピタットハウス入社、中古マンション売買部署立ち上げ、新潟中央店店長、全国全店舗ピタットハウス社員中 2011年度 第2四半期 売買部門 銅賞

中古戸建仲介開始、買取リノベーション既存住宅かし保険付再販事業開始、不動産ネットオークション開始。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年9月 成約件数全国2位。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年度 第2四半期 東日本売買部門 銅賞。

2016年5月 ピタットハウス 不動産売買センター 始動。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2018年8月 ご成約件数全国3位

全国全店舗ピタットハウス社員中 2018年度 第2四半期 売買部門 銅賞

ピタットハウス新潟万代店 最優秀店舗賞受賞
新潟万代店 店長

2019年9月 不動産オークション事業開始
オークション auctioneer(オークショニア)就任。


★★資格★★

コンサル系資格=
 不動産コンサルティングマスター、宅建、ファイナンシャルプランナー、日商簿記、ビジネス法務実務検定、空き家相談士、古材鑑定士

工事系資格  =
 解体工事施工技士、石綿作業主任者、増改築相談員、2級建築施工管理技士、そして大型免許

 金澤 修一

☪ランキング上位

☪️

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
218位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
雑誌
10位
サブジャンルランキングを見る>>