親からお金をもらうと税金がかかるの?

贈与税が非課税
平成22年1月1日から平成23年12月31日までの間に、
父母や祖父母などの直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた20歳以上の受贈者が、
贈与を受けた年の翌年3月15日までに取得又は一定の増改築等の対価に充てて
新築若しくは取得又は増改築等をし、その家屋を同日までに居住の用に供するか
又は同日後遅滞なく居住の用に供することが確実に見込まれる場合には、
その住宅取得等資金の贈与のうち1,500万円までの金額について贈与税が非課税となります。


中古物件の購入でも、もちろんお使いになれます。
但し物件が下記条件に適合している事が必要です。


・マンションは、その家屋の取得の日以前25年以内に建築されたものであること。

・木造戸建は、その家屋の取得の日以前20年以内に建築されたものであること。

・家屋の登記簿上の床面積(区分所有の場合には、その区分所有する部分の床面積)が50平方メートル以上。

・床面積の2分の1以上に相当する部分が専ら居住の用に供されるものであること。


相続時精算課税選択の特例は非課税とは違い相続時に課税対象に戻されてしまいます。
もちろん相続税の基礎控除の適用もできますが、相続予定の資産からみて
非課税の適用と相続時精算課税の適用どちらが総合的にお得なのかよくご相談されてからお決め下さい。