FC2ブログ

スーパーシティ! - 2020.06.21 Sun




「スーパーシティ」構想の実現に向けて 最終報告

AI 及びビッグデータを活用し、社会の在り方を根本から変えるような都市設 計の動きが国際的に急速に進展している。

第四次産業革命を先行的に体現し、 革新的な暮らしやすさを実現する最先端都市となる「スーパーシティ」の構想 を実現する。


これまで日本国内において、スマートシティや近未来技術実証特区などの取 組があった。しかし、エネルギー・交通などの個別分野での取組、個別の最先 端技術の実証などにとどまっていた。 「スーパーシティ」は、これらとは次元が異なり、「丸ごと未来都市を作る 」ことを目指す。

白地から未来都市を作り上げるグリーンフィールド型の取組(雄安、 トロントなど)もあれば、既存の都市を作り替えようとするブラウンフィール ド型の取組(ドバイ、シンガポールなど)もある。

中国やドバイなどで革新的 な取組が先行しつつある一方、トロントでは、住民の不安による混乱も生じて いる。



「 スーパーシティ」の具体像

(1)表側からみた「スーパーシティ」

①生活全般にまたがる ●以下のような領域を広くカバーする(少なくとも5領域以上など)。



・移動: 自動走行、データ活用による交通量管理・駐車管理、マルチモ ード輸送(MaaS) など ・物流: 自動配送、ドローン配達 など



・支払い: キャッシュレス など ・行政: パーソナルデータストア(PDS)、オープンデータプラットホー ムワンストップ窓口、API ガバメント、ワンスオンリーなど



・医療・介護: AI ホスピタル、データ活用、オンライン(遠隔)診療・ 医薬品配達 など ・教育: AI 活用、遠隔教育 など



・エネルギー・水: データ活用によるスマートシステム など ・環境・ゴミ: データ活用によるスマートシステム など



・防災: 緊急時の自立エネルギー供給、防災システム など ・防犯・安全: ロボット監視 など



②未来社会の加速実現 ●2030 年頃に実現される未来社会での生活を加速実現する(域内は自動走 行のみ、域内は現金取り扱い、紙書類なしなど)。



③住民参画 ●住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現がなされるように、ネ ットワークを最大限に利用する。 住民のコミュニティが中心となって、継続的に新しい取り組みがなされ、 改善が進められるような新しい住民参加モデルを目指す。



最先端の技術活用とAPI ●最先端の技術を活用し、常に最適最善のものを活用できることが必要。



1)新規開発(グリーンフィールド)型: 都市の一部区域や工場跡地など で、新たな都市開発を行い、新たな住民を集める 2)既存都市(ブラウンフィールド)型: すでにあるまちで住民合意を形 成しつつ、必要な再開発・インフラ整備を行う ・なお、いずれのタイプも、行政区域(市区など)と一致する場合(グリー ンフィールド型の場合は新設も含め)も、その中の一部区域(ディストリ クト)となる場合もありうる。

●選定に際しては、 ・住民の合意形成を促進・実現できる、ビジョンとリーダーシップを備えた 首長の存在、 ・最新技術を実装できる企業の存在



金澤修一
長岡市生まれ、大学法卒業後、東京の不動産会社へ入社、月間最優秀賞、課長就任。実家の㈲ブライトサクセス入社、ピタットハウス就職、全国全店舗ピタットハウス中 2011年度第2四半期銅賞。2013年度第2四半期銅賞。2018年度第2四半期銅賞。新潟万代店店長、不動産オークション事業開始

関連記事

不動産を売ると所得税が返ってくる!? - 2020.06.19 Fri


譲渡損失の繰越控除


期間:2021(令和3)年12月31日までの譲渡【2年延長】

譲渡損失(買った金額の方が高い)

= 売った金額−(買った金額 + 売るための諸経費)


【 メリット 】

譲渡損失をその年の給与所得などの所得から控除(損益通算)することができます。

さらに、損益通算を行っても控除しきれなかった譲渡損失は、譲渡の年の翌年以後3年内に繰り越して控除(繰越控除)することができます。

【控除を受けるための主な条件】

(1)自分が住んでいるマイホームを譲渡すること。なお、以前に住んでいたマイホームの場合には、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡すること。また、この譲渡には、譲渡所得の基因となる不動産等の貸付けが含まれ、親族等への譲渡は除かれます。
(2) 譲渡の年の1月1日における所有期間が5年を超える資産(旧居宅)で日本国内にあるものの譲渡であること。
(3) 譲渡の年の前年の1月1日から売却の年の翌年12月31日までの間に日本国内にある資産(新居宅)で家屋の床面積が50平方メートル以上であるものを取得すること


【買い替えの場合 】

(4) 買換資産(新居宅)を取得した年の12月31日において買換資産について償還期間10年以上の住宅ローンを有すること。


【ローン残高の方が多い場合】

(4) 譲渡したマイホームの売買契約日の前日において、そのマイホームに係る償還期間10年以上の住宅ローンの残高があること。
(5) マイホームの譲渡価額が上記(4)の住宅ローンの残高を下回っている



金澤修一
長岡市生まれ、大学法卒業後、東京の不動産会社へ入社、月間最優秀賞、課長就任。実家の㈲ブライトサクセス入社、ピタットハウス就職、全国全店舗ピタットハウス中 2011年度第2四半期銅賞。2013年度第2四半期銅賞。2018年度第2四半期銅賞。新潟万代店店長、不動産オークション事業開始
IMG_3915.jpg
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

今までの閲覧数

学区・リフォーム・税控除・助成金・税金 なんでも検索

カテゴリ

プロフィール

「住まいのワンストップサービス」 金澤修一

Author:「住まいのワンストップサービス」 金澤修一
ブログをご覧頂き誠に有難うございます。


長岡市生まれ、大学法学部法律学科卒業後、UR都市再生機構公団仲介 東日本住宅(株)入社、2007年7月 月間最優秀賞、課長就任。

2008年7月 地元の長岡市に戻り、実家の㈲ブライトサクセスにて建物解体業 営業経理兼作業員後、

2009年1月 ピタットハウス入社、中古マンション売買部署立ち上げ、新潟中央店店長、全国全店舗ピタットハウス社員中 2011年度 第2四半期 売買部門 銅賞

中古戸建仲介開始、買取リノベーション既存住宅かし保険付再販事業開始、不動産ネットオークション開始。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年9月 成約件数全国2位。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年度 第2四半期 東日本売買部門 銅賞。

2016年5月 ピタットハウス 不動産売買センター 始動。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2018年8月 ご成約件数全国3位

全国全店舗ピタットハウス社員中 2018年度 第2四半期 売買部門 銅賞

ピタットハウス新潟万代店 最優秀店舗賞受賞
新潟万代店 店長

2019年9月 不動産オークション事業開始
オークション auctioneer(オークショニア)就任。


★★資格★★

コンサル系資格=
 不動産コンサルティングマスター、宅建、ファイナンシャルプランナー、日商簿記、ビジネス法務実務検定、空き家相談士、古材鑑定士

工事系資格  =
 解体工事施工技士、石綿作業主任者、増改築相談員、2級建築施工管理技士、そして大型免許

 金澤 修一

☪ランキング上位

☪️

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
120位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
雑誌
6位
サブジャンルランキングを見る>>