襖張替え(板襖) - 2017.09.26 Tue


板ぶすまを張り替える

□板ぶすまの構造
板ぶすま(戸ぶすま)は、廊下や洋室との仕切りに使われることが多い、もっとも一般的なタイプのふすまです。組子の両面にベニヤ板が張り付けられ、その上にふすま紙が張られています。本ぶすまと違って、枠を取り外すことはできません。芯材がダンボール紙や発泡スチロールでできたふすまも、張り替える方法は板ぶすまと同じです。

1引き手をはずす
はじめに、ふすま紙を張り替える面の引き手をはずしましょう。上下2か所に打たれている細クギを、クギ抜きを使って引き抜きます。クギを上手に抜くには、枠外しで引き手を軽くこじって起こしてから元に戻すと、クギの頭が出るのでクギ抜きでつかみやすくなります。

枠外し
ふすまの枠を取り外すのに使う、小型のバールです。

引き手用クギ抜き
引き手を固定している細クギを抜くための専用工具です。

片方のクギを抜いてから、もう一方を引き手を使って引き抜きます。細クギをなくさないように、引き手といっしょに保管しておきましょう。

2枠を養生する
枠にノリがついてしまわないように、マスキングテープを貼って養生してください。テープの幅が足りなければ、2列重ねて貼りましょう。

3ふすま紙にノリをつける
ふすま紙は巻きグセがついています。シワをつけないように、逆方向に巻いてクセを直してください。あらかじめノリが塗られたふすま紙は、スポンジを使ってたっぷりの水を裏面に広げて含ませます。ノリつきでないふすま紙は、専用のノリを水で溶いてハケで塗り広げましょう。床が汚れないように、作業はビニールシートなどの上で行いましょう。

ふすま紙用ノリ
障子やふすまを張るためのノリです。水で溶いて使用します。

4ふすま紙を張り付ける
水が乾かないうちに、ふすま紙を板ぶすまの上にのせてください。模様がある場合は、位置や角度がズレないよう注意しましょう。なでバケで中央から外に向かって空気を追い出します。この際、表面に多少の凹凸ができていても、紙が濡れて伸びているせいなのでそのままにします。明らかにシワができている場合は、いったんはがして張り直してください。

なでバケ
ふすま紙をなでつけて密着させるためのハケ。

5フチを竹ベラで押さえる
竹ベラで枠に沿ってスジをつけてフチ部分を決め込みます。紙がやぶれないよう、やさしく作業してください。角の部分は、ハサミで端から切り込みを入れておくとよいでしょう。

6余分な紙を切る
カット定規とカッターナイフを使って、余分な紙を切ります。刃を枠に当てるようにして切り進めてください。常に切れ味を保ち、刃を寝かせて切るのが上手に切るコツです。切った紙を取り除き、枠に貼ったマスキングテープを剥がしてください。

カッター定規
カッターナイフのガイドにする金属性の定規です。

7引き手を取り付ける
指で触って引き手の位置を確かめたら、カッターナイフで十字に切り込みを入れてください。はずした引き手をはめ込み、上下2か所に金槌で網クギを打ち込んで固定します。引き手専用クギ締めがあると、引き手をキズつけずに作業が行えて便利です。

引き手用クギ締め
小さなクギを打つための専用工具です。

害虫対策方法 «  | BLOG TOP |  » 襖張替え(本襖)

今までの訪問者数!あなたは↓人目

学区・リフォーム・税控除・助成金・税金 なんでも検索

カテゴリ

プロフィール

「住まいのワンストップサービス」 金澤修一

Author:「住まいのワンストップサービス」 金澤修一
ブログをご覧頂き誠に有難うございます。


大学卒業後、UR都市再生機構公団仲介 東日本住宅(株)入社、2007年7月 月間最優秀賞、課長就任。

2008年7月 地元の長岡市に戻り、実家の㈲ブライトサクセスにて建物解体業 営業経理兼作業員後、

2009年1月 ピタットハウス入社、中古マンション売買部署立ち上げ、新潟中央店店長、全国全店舗ピタットハウス社員中 2011年度 第2四半期 売買部門 銅賞

中古戸建仲介開始、買取リノベーション既存住宅かし保険付再販事業開始、不動産ネットオークション開始。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年9月 成約件数全国2位。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年度 第2四半期 東日本売買部門 銅賞。

2016年5月 ピタットハウス 不動産売買センター 始動。

★★資格★★

コンサル系資格=
 不動産コンサルティングマスター、宅建、ファイナンシャルプランナー、日商簿記、ビジネス法務実務検定、空き家相談士、古材鑑定士

工事系資格  =
 解体工事施工技士、石綿作業主任者、増改築相談員、2級建築施工管理技士、そして大型免許

 金澤 修一

☪ランキング上位

☪現在

現在の閲覧者数:

☪️