間取り設計 (サニタリー) - 2016.04.19 Tue

 浴室、洗面室、トイレを総称して「サニタリー」と呼びます。
欧米では寝室に隣接して3つの機能をひとつの空間にまとめたプライベートなバスルームを設けることが多いのですが、日本では3つ別々に設けるのが一般的です。

3つの機能同士、また他室との関連がプランニングの課題となる。
まず、浴室は誰がどのように使うか。

親子一緒にゆっくり入りたいという家庭と、朝のシャワーが中心という家庭では、洗い場の広さや浴室に求められる機能も異なると思います。

洗面室は浴室の隣に設けて脱衣室と兼用することが多いのですが、洗面・脱衣以外にも用途は多様。

洗面台では洗髪や化粧をするか、洗濯機や乾燥機を置くかどうか、下着やタオル、洗剤類の収納はどうするか、などがポイント。

トイレは来客が使うこともあるため、脱衣・浴室と切り離すのが一般的。
また、来客用と家族用のトイレを分けたり、一戸建てでは上下階それぞれにトイレや洗面台を設けることも一般的になってきています。

一部屋からマンション投資 «  | BLOG TOP |  » 【マンションに茶室】 これからの時代、老後が快適に過ごせるマンションが必要

今までの訪問者数!あなたは↓人目

学区・リフォーム・税控除・助成金・税金 なんでも検索

カテゴリ

プロフィール

「住まいのワンストップサービス」 金澤修一

Author:「住まいのワンストップサービス」 金澤修一
ブログをご覧頂き誠に有難うございます。


大学卒業後、UR都市再生機構公団仲介 東日本住宅(株)入社、2007年7月 月間最優秀賞、課長就任。

2008年7月 地元の長岡市に戻り、実家の㈲ブライトサクセスにて建物解体業 営業経理兼作業員後、

2009年1月 ピタットハウス入社、中古マンション売買部署立ち上げ、新潟中央店店長、全国全店舗ピタットハウス社員中 2011年度 第2四半期 売買部門 銅賞

中古戸建仲介開始、買取リノベーション既存住宅かし保険付再販事業開始、不動産ネットオークション開始。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年9月 成約件数全国2位。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年度 第2四半期 東日本売買部門 銅賞。

2016年5月 ピタットハウス 不動産売買センター 始動。

★★資格★★

コンサル系資格=
 不動産コンサルティングマスター、宅建、ファイナンシャルプランナー、日商簿記、ビジネス法務実務検定、空き家相談士、古材鑑定士

工事系資格  =
 解体工事施工技士、石綿作業主任者、増改築相談員、2級建築施工管理技士、そして大型免許

 金澤 修一

☪ランキング上位

☪現在

現在の閲覧者数:

おすすめリンク

このブログをリンクに追加する