上階の足音がうるさい! - 2016.04.19 Tue

足音が響く原因の一番は床材の質と構造かもしれません。


音の伝わり方には2種類あります。



① 二階で子供が飛び跳ねたり、スプーンを落とした場合など、壁や床をふるわせて階下や隣室に伝わる音です。

②人の声やクラクションのように空気中を伝わって聞こえる音。 スキ間や穴を通して伝わります。


「防音フローリング」は床で発生した固体音を伝わりにくくする性能の床材で、防音室のような外の音が聞こえなくなる空気音の遮音性能とは異なります。





防音フローリングの性能の種類

床衝撃音には LLとLHの2種類があります。

固体音の中でも 床に衝撃が加わって発生する音を床衝撃音といい、 2つの種類に分けられます。


1.スプーンなどを落とした時に発生する音。軽くて硬い感じの音です。

2.子供が机の上から飛び降りた時などに発生する音。重くてにぶい感じの音です。


直張りタイプの防音フローリングは、硬く耳ざわりで不快感なりやすい「軽量床衝撃音」の対策に主眼を置いて開発しています。「重量床衝撃音」の低減には、床仕上げ材よりもコンクリート床の厚さや建物の躯体の剛性など構造そのものの方が大きく影響します。






L値ってなに?

L値は、床衝撃音の防音レベルです。
L値は小さいほどよい。
上階の床で生じる音が下の階でどの程度に聞こえるのかの基準として、決められている遮音等級をL値(エルち)またはL等級(エルとうきゅう)といい、音の伝わりにくさを表しています。このL値は数字が小さいほど、遮音性能がよいことを示しています。

L値は条件によって変わります。
L値は、コンクリートスラブ(下地のコンクリート)の厚みを150mmとして推定されています。したがって150mmのときLLが50でも、スラブ厚が120mmになればLLが55になるといったことがあります。  





(※1)防音フローリングの防音性能の表示方法が変わります。
防音フローリングをはじめ、マンションの床の防音性能表示にはこれまで、「LL-45」などの表示方法(推定L等級)が使われてきましたが、2008年4月に「床材の床衝撃音低減性能の表現方法に関する検討委員会」から、新しい表示方法(ΔL等級)が発表され、表示方法に変更していくことになりました。


ΔL(デルタエル)等級とは
従来の表示方法が空間性能を推定したものであったのに対して、ΔL等級は床材が床衝撃音をどれだけ抑えられるかという製品単体の低減性能を表すものです。ΔL等級の場合、値が大きいほど性能がよいことになります。
(例:4等級のほうが2等級より性能がよくなります。)

不動産選び ノウハウ (広告のみかた♪) «  | BLOG TOP |  » 織部の数奇屋 建築

今までの訪問者数!あなたは↓人目

学区・リフォーム・税控除・助成金・税金 なんでも検索

カテゴリ

プロフィール

「住まいのワンストップサービス」 金澤修一

Author:「住まいのワンストップサービス」 金澤修一
ブログをご覧頂き誠に有難うございます。


大学卒業後、UR都市再生機構公団仲介 東日本住宅(株)入社、2007年7月 月間最優秀賞、課長就任。

2008年7月 地元の長岡市に戻り、実家の㈲ブライトサクセスにて建物解体業 営業経理兼作業員後、

2009年1月 ピタットハウス入社、中古マンション売買部署立ち上げ、新潟中央店店長、全国全店舗ピタットハウス社員中 2011年度 第2四半期 売買部門 銅賞

中古戸建仲介開始、買取リノベーション既存住宅かし保険付再販事業開始、不動産ネットオークション開始。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年9月 成約件数全国2位。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年度 第2四半期 東日本売買部門 銅賞。

2016年5月 ピタットハウス 不動産売買センター 始動。

★★資格★★

コンサル系資格=
 不動産コンサルティングマスター、宅建、ファイナンシャルプランナー、日商簿記、ビジネス法務実務検定、空き家相談士、古材鑑定士

工事系資格  =
 解体工事施工技士、石綿作業主任者、増改築相談員、2級建築施工管理技士、そして大型免許

 金澤 修一

☪ランキング上位

☪現在

現在の閲覧者数:

おすすめリンク

このブログをリンクに追加する