物件の探し方の違い - 2016.04.19 Tue



 

新築でも中古でも自分に合う物件を探すとなると、まずは『SUUMO』などの住宅情報サイトや情報誌、不動産会社を利用し情報を集めるところから始まる。
 新築を探すのなら、掲載情報の中から気になる物件を見学するという流れになる。事前にパンフレットなどの資料を取り寄せて、その中から物色するのもいい。
 中古物件なら、希望にぴったりの物件が中々見つからない時、希望エリアの物件を多く紹介している不動産会社へ条件を伝えて探してもらう手もある。

 見学に関して。
 新築の場合、モデルルームやモデルハウス、土地、建築中の現地を見学することが多い。対して、中古は居住者のいる実際の建物を見学するのが一般的だ。この見学の際は個人で勝手に行くのではなく、仲介会社の担当者に案内してもらうことになる。
 つまり、中古は実際の家を確認するのに対して、新築は出来上がる前の状態やモデルを確認する。そのため、新築を購入する人の多くは出来上がる前に決めてしまう。
 ただし、最近では完成済みの状態を確認できる新築物件も増えてきている。

 いざ購入を決めた後、新築と中古では実際に契約を交わす相手が異なる。
 
 新築の場合は売主である不動産会社と売買契約を結ぶが、中古はその持ち主である個人と契約する。そのため、新築と違い、個人相手の取引となる中古ではトラブルが発生しやすい。そこで、個人間の取引をスムーズに運べるように仲介会社が取り持ってくれるわけだ。だた、その報酬として仲介手数料がかかる。

 購入をし契約も済み、ようやく入居する準備が整ったとしても、実際に入居するまでに時間がかかることもある。
 例えば、一戸建てであれば数カ月後、マンションだと1年以上経った後の入居も珍しくない。これに対して、中古は売主の都合さえつけば、スピーディーな引き渡しとなり入居が可能になる。
 子どもの入学に合わせて入居したい場合など,引越しを急いでいる時は中古に絞るとスムーズだろう。

後悔しない!物件の選び方 新築マンションvsリフォーム中古マンションvs新築戸建 - 2016.04.19 Tue

「マンションか?一戸建てか?」「新築か?中古か?」
 

そういった物件タイプを絞り込んだり、希望条件をまとめたりするのが難しいというお客様も多いことかと存じ上げまず。また、物件を「予算や月の支払額で決めるか、理想で決めるか」
を迷うご家庭も少ないでしょう。

 そんな時、まずは実現させたい「理想の生活」をイメージしてみましょう♪
 

「自分の考える理想の暮らしとは?」、「どんな暮らしがしたいのか?」、思いつくままにチラシの裏でもいいので箇条書きしてましょう。まだ購入すると決まったわけではないのですから、「無理かも」という制限は不要です。

 

マイホームを買うことで実現させたい「理想の生活」とはどんなものなのか。
 

できるだけ具体的に考えながら、思いつくままでいいです。

<「理想の暮らし」イメージ例>

・日当たりのよい家に住みたい
・まわりに遠慮することなく、のんびり子育てをしたい
・高層マンションのバルコニーで、夜景を眺めながら乾杯したい
・通勤時間は30分以内にしたい
・週末は気軽にショッピングを楽しみたい
・家事をしながら家族と会話を楽しみたい
・大型犬を飼いたい
・月に一度は家族旅行をしたい
・趣味に没頭したい
・子供と走り回れる家がいい
・静かな所に住みたい
・公園のすぐそばがいい
・駐車場が3台必要

などなど…

 次に、その書いた項目の中から優先順位を、つまり「絶対譲れないポイント」を決めます。赤ペンなどで自分の分かりやすいよう、いくつかに目印をつけてみましょう。

 

決まりましたか? 

 

もうお分かりのはずです。
 書き出した項目の内、「絶対譲れないポイント」こそが家探しの最低条件なのです!!

 

では、今決めた最低条件を使って、マンションと一戸建のどちらがよりその条件に当てはまっているかを見比べます。「絶対譲れないポイント」の項目ごとに、マンションと一戸建のどちらがよりマッチしているかをチェックしていきましょう。

 

この項目はマンション、この項目は一戸建……。
 

チェックが終わり、マンションと一戸建の内数の多かったほうが、自分の暮らしに合った物件タイプです!!

 

完成した「理想の生活」のイメージメモを当社にお越し頂いてお話下されば、よりスムーズに、一番良い物件を早期にご紹介出来ます♪

 

物件のタイプが決まりましたら、次は「新築か?中古か?」の検討です。


これには予算が重要です。


↓ぜひ、こちらをご覧下さい♪




資金総額の検討には、月の支払い額が重要です!
→ 月のお支払のご参考に クリック!


住宅ローン減税等の税額についてはこちらをご参考にお使いください。
→ 解りやすい 所得税・住民税額 こちらを クリック!




希望条件を把握できましたら、まずは御電話ください。(^_-)






       

金澤 修一

新築 VS 中古 - 2016.04.19 Tue

fc2_2013-05-23_18-01-47-079.jpg
20140319_084122.jpg


新築
【メリット】
・ 最新の住宅設備やセキュリティシステムなどを導入していることが多い
(マンション・一戸建て)
・ 中古住宅よりも税制面での優遇措置が幅広い
(マンション・一戸建て)
・ 分譲業者によるアフターサービスや保証が受けられる
(マンション・一戸建て)
・ 中古住宅よりも住宅ローンを借りやすいケースが多い
(マンション・一戸建て)
・ 同じ年代の世帯が集まりやすく、家族同士の付き合いがしやすいこともある
(マンション)
・ 隣地との敷地境界が明確になっているものが大半で、境界トラブルは起きにくい
(一戸建て)
・ 住宅寿命は以前よりもだいぶ長くなっている
(マンション・一戸建て)
・ 長期優良住宅は新築のみでの供給段階にある
(一戸建て)※マンションでの供給はまだほとんど進んでいない


【デメリット】
・ 建築途中での販売が多く、建物完成後のイメージがつかみづらい
(マンション)
・ 実際の眺望、日照、騒音、通風状態などがわかりづらい
(マンション)
・ 竣工までの期間が長めで、住宅ローン金利上昇のリスクが高い場合もある
(マンション)
・ 大きな開発分譲地などでは、全体工事完了後に交通などの周辺環境が変わることもある
(一戸建て)
・ 隣家をどんな人が買うのかで、住み心地が大きく変わることもある
(一戸建て)
・ 手抜き工事などがないか不安な場合もある
(マンション・一戸建て)


中古
【メリット】
・ 築年数以外の条件が同じなら、新築よりも価格が安い
(マンション・一戸建て)
・ リフォームにお金をかけて、自分の好みどおりの部屋にできることもある
(マンション・一戸建て)
・ 実際の眺望、日照、騒音、通風状態などをしっかりと確認できる
(マンション・一戸建て)
・ 実際の管理状態や共用施設の稼働状態を確認できる
(マンション)
・ 手抜き工事などがあれば、症状として現れているケースが多く発見しやすい
(マンション・一戸建て)
・ 立地面での選択肢が新築よりも多め
(マンション・一戸建て)
・ 実際に住んでいた人の感想が聞ける…周辺環境、生活の利便性など
(マンション・一戸建て)


【デメリット】

・ 他人が住んでいたということが気になる人には不向き
(マンション・一戸建て)
・ 個人が売主となるケースが大半で、いざというときの保証が十分でないこともある
(マンション・一戸建て)
・ 耐震性が十分でない物件もある(とくに昭和56年以前のもの)
(マンション・一戸建て)
・ 建物の設計図面や書類が揃っていない場合も多い
(一戸建て・古いマンション)
・ 契約トラブルなど、媒介業者の力量に左右される面も多い
(マンション・一戸建て)
・ 住んでいた人によって、同じ築年数でも建物の劣化の程度がさまざま
(一戸建て)
・ 残りの住宅寿命によって、短期間のうちに建て替えの必要に迫られることもある
(マンション・一戸建て)
・ 建物のデザインが古めかしいこともある
(マンション・一戸建て)
・ 仲介手数料が必要なぶん、購入諸費用は高めになりやすい
(マンション・一戸建て)

中古物件のポイント♪ - 2016.04.19 Tue

20140319_084846.jpg




不動産の価格は一般的に新築として発売されているときが最も高く、年数が経過するごとに下落傾向が見られます。

新築住宅を購入する場合、モデルルーム用プレハブや販売所のコストや現地で案内してくれるスタッフの人件費
華やかな広告宣伝費など、販売に必要となる諸費用が販売価格に加算されているのが一般的です。

中古住宅ではこれらの負担は消え、シンプルに「土地と建物の価格のみ」が販売価格となります。
これが、「お手ごろ価格」といえる最大の理由ではないでしょうか。

また、中古住宅は築年数、立地条件や広さの異なるさまざまなタイプの物件が販売されています。

選択肢が多いため、購入者にとっては自身に適したお手ごろな物件を探すことが容易になるのです。
さらに中古マンションの場合、前の持ち主が負担していた修繕積立金を継承できるのも魅力です。

新築 VS 中古 - 2016.04.19 Tue

20140319_084122.jpg




①立地
一般的には 中古物件のほうが、駅に近く利便性に優れていたり、生活施設が充実して住環境が良いことが多い。ただし、最近では駅周辺の再開発・区画整理プロジェクトが活発に進められており、駅近くですっきり整ったエリアに新築マンションなどが建てられるケースも増えてきている。



②間取り
マンションも一戸建ても、間取りのバリエーションは新築のほうが豊富。築年数が古くなるほど、プランが固定化される傾向にあり、「LDK」ではなく「DK」が主流になる。生活スタイルの進化に間取りが合わないことも少なくない。ただし、中古物件はリフォームすることで、家族構成やライフスタイルに合わせた間取りを実現することも可能です。

新築 VS 中古 - 2016.04.19 Tue

20140319_083642.jpg


新築マンション
1物件にたくさんの販売住戸があるため、一度情報をゲットできれば複数の購入候補ができる。「ただし、あまり狭い地域に限定してしまうと、マンションの新築物件自体が出てこないという可能性もあります」

②基本的に販売センターでの見学になるが「構造や仕様、設備類など物件の特徴について詳細に調べられます。希望住戸とモデルルームのプランが違うケースが多いですが、最近は実物を見られる物件も多くなっています」


日々進化を続ける住宅設備。最新のトレンドを求めるなら当然新築がおすすめだ。「特に最近は省エネ技術が進歩していますから、快適さだけでなく月々の水道光熱費が大幅に違ってくることもあります」


中古マンション
中古は、基本的にオンリーワン。「売れてしまえば次の情報を待つしかないので、運やタイミングに左右されやすい。ただし、新築が出にくいエリアなら中古のほうが有利。つまり、絞るエリアの特性によっても変わります」

基本的に販売住戸そのものを見られる。「管理状況や入居者の顔ぶれなども自分の目で確認できるのが中古のメリットです。ただ、売主が住んだまま売りに出されていると、空室の状態を見られないこともあります」

③設備のカスタマイズにこだわるなら、割安な中古が有利。「ただし、リフォームで設備類を一新する場合、構造上の制限で、思い描いたような設備を導入できないケースもあります。購入前に確認してください」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

今までの訪問者数!あなたは↓人目

学区・リフォーム・税控除・助成金・税金 なんでも検索

カテゴリ

プロフィール

「住まいのワンストップサービス」 金澤修一

Author:「住まいのワンストップサービス」 金澤修一
ブログをご覧頂き誠に有難うございます。


大学卒業後、UR都市再生機構公団仲介 東日本住宅(株)入社、2007年7月 月間最優秀賞、課長就任。

2008年7月 地元の長岡市に戻り、実家の㈲ブライトサクセスにて建物解体業 営業経理兼作業員後、

2009年1月 ピタットハウス入社、中古マンション売買部署立ち上げ、新潟中央店店長、全国全店舗ピタットハウス社員中 2011年度 第2四半期 売買部門 銅賞

中古戸建仲介開始、買取リノベーション既存住宅かし保険付再販事業開始、不動産ネットオークション開始。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年9月 成約件数全国2位。

全国全店舗ピタットハウス社員中 2013年度 第2四半期 東日本売買部門 銅賞。

2016年5月 ピタットハウス 不動産売買センター 始動。

★★資格★★

コンサル系資格=
 不動産コンサルティングマスター、宅建、ファイナンシャルプランナー、日商簿記、ビジネス法務実務検定、空き家相談士、古材鑑定士

工事系資格  =
 解体工事施工技士、石綿作業主任者、増改築相談員、2級建築施工管理技士、そして大型免許

 金澤 修一

☪ランキング上位

☪現在

現在の閲覧者数:

☪️